横浜の祭囃子・関古式囃子保存会のホームページです。

関に伝わるお囃子とは?
お囃子の曲と舞について
昨年迄のお祭他でのお囃子の様子を
今年の関古式囃子保存会の出演報告
こちらでお囃子をしますヨ!
連絡やお知らせの掲示板です。

随時更新
お囃子のHPつながりの友達を紹介します。
関のお囃子で使っている太鼓など・・・
雑談です、思い違いもご容赦をm(__)m
関古式囃子保存会HPの各ページについて


上の巻物をクリックすると各ページへ移動します。




演目の紹介






●先ず始めに、伝承されている曲目について紹介します。

  関の囃子では、通常下記の曲を演奏しています。



打込み ⇒ 屋  台 (間に川違いが入る。) ⇒ 鎌  倉 ⇒

四丁目 (間に玉が入る。) ⇒ 屋  台 ⇒ 止打ち
●これを平囃子(ひらっぱやし)又は、一囃子(ひとっぱやし)等と呼

 んでいます。

 (*他の囃子方では、素囃子・地囃子・切囃子・並の手・組曲



等の名称で呼ばれているようですネ。)





●次に、個別の曲目についての紹介をします。



打込み ⇒ まず、笛の吹込みがある。その後に、上付けの 打ち出

         しに、続いて下付けが打ち出す。ここに、笛・鉦・大浮

         の順番で、演奏しだします。(*ぶっこみ・たたき込み)


屋  台 ⇒ 元々は、山車を平地で運行するときや屋台の行進の

         時に、演奏された曲目で、歩行の早さに準じた早間の

         曲です。
         
        (*ハヤ・早矢・破矢・早)


鎌  倉 ⇒ 里神楽では、男神の出に用いる曲。
         
         神輿渡御の曲(現代風に、神輿をはやし立てる意で

         は、ありません。)


四丁目 ⇒ 能囃子の四拍子からきているのでは?という説も有り

         ます。

         玉という付けの見せ場があり上と下が交互にたたき

         合います。

        (*仕丁目・師調目・七丁目)


止打ち ⇒ 囃子の一番最後の打ちであり、締めくくりである。

        (*大上げ)
●この他に、奥伝(*奥の手・魔物・間物・静物)として


神田丸 ⇒ 神田明神の里神楽における地の曲、神田拍子

         から来たものとの事。


昇  殿 ⇒  神代神楽においては、女神の舞の曲。

         (*聖天・正天・正伝)


国固め ⇒  伊勢代神楽に同名の曲が有る。

         (*国堅・国が為・四方殿)


宮鎌倉・両国・改伝(*階殿)くずし・大間昇殿・神楽昇殿・

宮昇殿
等が伝承されています。



●又、後記の踊りの曲として


岡崎(*仁羽・インバ・にんぱ・因幡)・ねんねこ(*子守唄)・

喋喋とんぼなどが、有ります。

* ちょうちょとんぼ・・・江戸吉原の流行歌「ヤッショメ節」が、柏崎へあああああああああああ移入・郷土化して、民謡の「三階節」となる。

あああああああああああその後,此れが又流行歌として日本中に広あああああああああああまり、郷土芸能に導入されたとの事。
あああああああああああ「野良歌三階節」の歌詞に、ちょうーちょーとあああああああああああんーぼーやーキリーギーリースー・・・と有ああああああああああああり、此れに当て振りをして踊っています。


金獅子












もどき











天狐
●続いて、代表的な踊りを紹介します。
獅子舞 
 


























もどき ⇒ 
 














天 狐 ⇒
  
一人で獅子頭を操る、一人立ちの獅子舞です。

一・二頭で演じて、寿獅子(*祝獅子)又は狂(く

る)いと呼んでいます。


狂いの語源は、踊りの基本所作である舞う(廻る)



が、激しくなったもので、「きりきり舞い」「てんてこ



舞い」が「死に物狂い」へと進んだものだそうで



す。

代神楽の芸では、足を上げて股間から獅子を覗

かせるという演技を「狂い」と言うそうですが、私達

の獅子舞では、「股咬み」という呼び名で同じ演技

が有ります。

又、その他の演技の呼び名として、ふりこみ・足

咬み・ しゃっちょこ・餌拾い・眠り等が有ります。



道化面を着けての踊りを鎌倉と岡崎のリズムにの

せ、一・二名で披露します。

大笑い・一文字・ひょうふき等と呼ばれる多彩な面

で踊ります。

もどきとは、神の言葉や動作等を面白く・解りやす

く解説する事や者の事だそうです。

         (*母当喜)



神秘的な白狐の舞です。てんこと読みます。

曲目は、屋台と宮昇殿を演奏します。
天舞
●この他に、おかめの踊りの天舞(てんた)や獅子の踊りを物語風

 にした鼻通しこたつ等の演目が、伝承されています。


参考資料   神奈川県民俗芸能誌他より。
         本ページ内、これらから引用・抜粋する。